糖尿病・内分泌疾患の治療
原則として予約診療

〒277-0832
千葉県柏市北柏3-1-2寺田ビル2F

JR常盤線「北柏駅」南口よりとほ1分
04-7162-1002

千葉県柏市北柏の、ふじさわ内科クリニック。主に糖尿病・甲状腺疾患・高脂血症を中心とした内分泌代謝疾患の診療を行っております。

糖尿病教室

栄養相談【予約制】

糖尿病のお食事についてお困りのことはございませんか?

そのほか・・・高血圧、高脂血症、
腎臓病、痛風、肥満、
脂肪肝、貧血 など

食事療法は難しくてできない・・・という方も、お気軽にご相談ください。

あなたのご相談にあわせて管理栄養士がていねいにお応えいたします。

ご興味のある方は受付までお気軽にどうぞ。保険適用です。

生活習慣の改善、相談や質問にお答えします。

【当院では栄養相談を行なっています】

栄養相談では、食事療法に関するご相談を管理栄養士がお受けしています。

おひとりずつ行なっているので、ご相談したいことや気になっていることなどございましたら、お気軽にご相談ください。
初めてで、何を相談してよいかわからない場合でも、お気軽にお越しください。

食事療法は、糖尿病だけでなく、高脂血症(コレステロールや中性脂肪が高い状態)、高血圧症、脂肪肝、高尿酸血症などの生活習慣病を改善する上で効果を発揮します。

『栄養相談』『栄養指導』と言われて、ちょっと気が進まないな・・・と感じている方も多いはず。

当院では、食品交換表の使い方や栄養計算のやり方を教えるということにこだわらず、その方にとってわかりやすい内容でお話することを心がけております。病気になったとたん食事内容をガラリと変えることはなかなかできないものですよね。ご自身にとってできることから、ご自身のペースで進めていくお手伝いをさせていただきますので、まずは、お気軽にお越しください。 ご質問などがある方は、忘れないようにメモに書いてお持ちくださいね。

●相談時間
おひとり40分程度

2~3ヵ月後に継続してお受けになると、検査値の経過などをもとに、一緒に考えたり、お話したりすることができます。ご希望の方にはおすすめしています。状態に合わせて、6ヵ月くらいに間隔をあけていただくこともできますのでご相談ください。

保険が適用になります

●ご持参いただきたいもの
「食事記録」「食習慣アンケート」をお持ちいただけると、当日、お話を進めやすく、アドバイスなどもより具体的にしやすくなります。可能な範囲でご記入ください。

●ご予約について
予約をお取りいただいたあとで、ご都合が悪くなった場合は、恐れ入りますが、お早めにご連絡をいただきますようお願いいたします。別の日に変更することができます。

α-グルコシダーゼ阻害薬の服用について

【おなかの調子が気になる方へ】

α-グルコシターゼ阻害薬とは・・・ベイスン、グルコバイ、セイブル、ボグリボーズなど

●おならの出るメカニズム 

このお薬は、小腸に作用する薬です。

小腸で糖の消化を邪魔することで、小腸で糖が吸収されにくくなり食後の血糖値がゆるやかに上昇するのを助けます。しかし、小腸で吸収されなかった糖の一部が大腸へ運ばれ、そこで腸内細菌により発酵してガスが発生するために、おなかが張ったり、おならが出たりするというわけです。

服用し始めたときに気になる症状も、服用を続けているうちに落ち着いてくるともいわれますが、食べ物の影響で腸内のガスが発生しやすくなっている場合もあるので、食べ方の工夫で症状が軽減することもあります。
このような症状でお困りの方、食べ方の工夫にご興味のある方、どうぞお気軽に栄養相談へお越しくださいね。

ふじさわ内科クリニック 管理栄養士 清水綾香 

ページトップへ