糖尿病・内分泌疾患の治療
原則として予約診療

〒277-0832
千葉県柏市北柏3-1-2寺田ビル2F

JR常盤線「北柏駅」南口よりとほ1分
04-7162-1002

千葉県柏市北柏の、ふじさわ内科クリニック。主に糖尿病・甲状腺疾患・高脂血症を中心とした内分泌代謝疾患の診療を行っております。

糖尿病の治療について

糖尿病とは

一言で言えば、血糖値が高くなる病気です。

糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンの異常から起こる病気です。インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、血液の中にブドウ糖が溜まり、糖尿病の状態となります。

※インスリンとは血糖値を下げるホルモンです。

糖尿病を放置しておくと、網膜症、腎症、神経障害などの合併症が起こります。 食事療法や運動療法、薬物療法などをきちんと行い、血糖値をうまくコントロールして合併症を防ぐことが重要です。

糖尿病の分類・原因

糖尿病には大きく分けて2種類のタイプがあります。

ひとつは1型糖尿病と呼ばれているもので、インスリンを作る膵臓のβ細胞が破壊され、体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こるものです。以前はインスリン依存型糖尿病、小児糖尿病などと呼ばれていました。 このタイプの患者は、現在の糖尿病患者全体のわずか5%程度といわれています。

もう一つは2型糖尿病と呼ばれているものです。 2型糖尿病の原因はいろいろありますが、食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いと言われています。 日本では糖尿病患者全体の95%が2型糖尿病です。

糖尿病の症状

糖尿病の症状は、はじめのうちは痛みなどの自覚症状がありません。しかし血糖値が上昇してくると以下のような症状が出たりします。

・のどの渇き
・全身がだるい、疲れやすいなどの倦怠感
・目がかすむ
・手足のしびれ
・尿の量・回数が多くなる
・月経異常

上記のような症状がある場合には、一度医師による診察をお勧めします。

ページトップへ